バストを揉むと大きくなるって本当?

「バストは揉まれると大きくなる」という話を聞いたことがあるでしょうか? もはやほとんどの女性が知っているバストアップ法かもしれませんね。

バストの中にある乳腺を刺激するようにマッサージすることはバストアップに繋がりますので、 実際に「胸を揉んでいたらバストサイズがアップした!」という経験談を耳にすることもあります。 しかしこの方法は、逆にバストサイズを小さくしてしまう危険性もはらんでいる事を忘れてはいけません。

ダイエットの手段として、お腹や二の腕の脂肪を揉み出す方法があるのを知っていますか? 脂肪を揉み、分解を助ける、という方法ですね。「バストを揉む」ということは このダイエット法をバストにも施している、ということなのです。

バストを形作っているほとんどは脂肪ですので、その脂肪が少なくなってしまうと言うことは バストのサイズダウンになってしまう、というわけですね。 マッサージであれば大丈夫ですが、脂肪の分解を促すほど揉みしだくのは考えものです。

このバストアップ法を聞いて、実際にお風呂などでチャレンジしてみた女性も多いでしょう。 揉んで大きくなるのであれば、こんなに簡単なことはありませんよね。 ところがこの方法、「揉まれる」という部分も大切なポイントなのです。

上に書きました通り、バストを揉めばきちんと大きくなるとは限りません。 ケースによっては、バストのサイズダウンを招いているかもしれないのです。 ところが、彼氏やご主人などのパートナーとのスキンシップで揉まれるとなると話は少し違ってきます。

恋をしている時、女性の体内では女性ホルモンが分泌されています。 また、セックスの時にも女性ホルモンは盛んに分泌されているのです。 女性ホルモンは、バストの成長に重要な役割を果たしています。

バストアップに必要な土台として、女性ホルモンが分泌されたということであれば、 「バストを揉まれて胸が大きくなった」という現象も実際に起こり得ることかもしれません。

「バストは揉まれると大きくなる」というバストアップ法は、 適度なマッサージや恋愛中にだけ当てはまる手段だと言えるでしょう。